陶芸倶楽部 神戸井戸端会議 ブログ

食器作りの窯場、陶房じゅん内に、自由に作陶を楽しめる教室らしくない空間
陶芸倶楽部 「神戸 井戸端会議」

食器造り20余年のプロの下で、気楽で本気な陶芸倶楽部です。


f0066703_10382995.jpg






詳細はこちら
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2007-02-11 10:23 | 教室紹介

陶芸倶楽部作品展

明日までですが、陶芸倶楽部の作品展を開催しています。

場所は昨年同様、神戸はトア・ギャラリー。

今年は1階で僕の作品展と同居です。

f0066703_125178.gif



f0066703_855774.gif






f0066703_8582815.gif








f0066703_10451713.gif







f0066703_10491873.gif







f0066703_1053782.gif






f0066703_10553038.gif






f0066703_1101321.gif

[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-11-30 01:32 | 作品

織部2点

織部と志野釉の掛け分けの皿。


f0066703_1614462.jpg




釉薬は重なっていないのですが
隣り合った部分に、織部の銅成分が飛んで赤く発色。

還元焼成ならではの色です。

織部釉の発色も今回は機嫌よく緑に出ました。


f0066703_1632233.jpg



黒っぽい織部釉での蓋物。

黒っぽく、という注文には応えられましたが、
掛け分けの長石釉が濃くって、
蓋の部分がくっついてしまいました。

f0066703_165810.jpg

[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-05-30 16:05 | 作品

5月・6月の変更

5月23日の火曜日、6月27日の火曜日、
5月24日の水曜日、
お休みの予定でしたが
リクエストにより開催いたします。

改めて、5月の予定

日曜日  28日(午前のみ)

火曜日  2・16・23・30日

水曜日  10・17・24・31日

木曜日  11・18・25日

土曜日  6・13・20日


6月

火曜日  6・13・20・27日

水曜日  7・21・28日

木曜日  1・15・29日

土曜日  3・10・17日


7月


火曜日  4・11・18日

水曜日  5・19・26日

木曜日  13・20・27日

土曜日  1・15・29日
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-05-18 15:49 | 日程変更

陶芸倶楽部 開催日程

陶芸倶楽部の開催日程をお知らせします。

4月

日曜日  30日

火曜日  4・11・18日

水曜日  5・12・19・26日

木曜日  13・20・27日

土曜日  8・15・22日



5月

日曜日  28日

火曜日  2・16・30日

水曜日  10・17・31日

木曜日  11・18・25日

土曜日  6・13・20日

(27日を変更しました)




6月


日曜日  11日

火曜日  6・13・20日

水曜日  7・21・28日

木曜日  1・15・29日

土曜日  3・10・27日




7月


日曜日  9日

火曜日  4・11・18日

水曜日  5・19・26日

木曜日  13・20・27日

土曜日  1・15・29日



あくまで予定です。
変更することがありますが、
その場合はこのブログでお知らせします。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-04-11 11:17 | 告知

臨時開講

来週の水曜日、4月12日。

希望により臨時に開講することにします。

希望者はお越しください。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-04-06 09:15 | 日程変更

作品展

教室の方の作品展です。






f0066703_1331128.jpg




口では説明しにくい場所です。

でも面白い空間に、面白い作品が並ぶはず。

今日も駆け込みで大量に作っていきました。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-04-06 09:11 | 告知

切り株

切り株が焼けました。

こんな風になりました。

f0066703_17111182.jpg


f0066703_17112055.jpg



なかなか切り株です。


因みに焼く前の状態。



f0066703_18123078.jpg





焼く前は色化粧や釉薬が派手に見えますが・・・・・・


結構落ち着きました。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-03-22 17:15 | 作品

切り株

これも陶芸の技法とレシピで紹介してしまって
重複してしまいますが。



f0066703_1682331.jpg




切り株です。

まだ製作途中、というか、
素焼きの段階です。

赤土を紐積みで作って色化粧塗りました。

教室の方の作品です。
このあと本焼きすると緑の化粧がもう少しくすむ筈。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-03-14 16:09 | 作品

色ガラス

陶芸の技法とレシピに載せてしまって
重複しますが。

f0066703_1655325.jpg

この画像は今窯から出したての教室の方の作品。
信楽のかね利のスイヒBの上から
ガラス釉という名前の釉薬。
主成分はガラスの粉末と長石で、沈殿防止に蛙目粘土少々の、
吹きガラスのような質感の釉薬。
その上から色ガラスのカレットを置きました。
一般にガラスと釉薬の境目が白く濁りますが、
釉薬とガラスの質が近いせいか
違和感なく焼けました。

またこの釉薬はガラスが成分の半分近くを
占めるので
還元焼成では還元炎の煤を吸着して
勝手に色が付きます。還元の掛け方や詰める場所によって
いろいろ変化します。
[PR]
# by kobeidobatakaigi | 2006-03-14 16:06 | 作品